WindowsXP でpidgin-2.5.1 のビルドをしてみるテスト

- 2.5.1用のyazさんパッチが出たので更新 (2008-09-06 (土) 03:00:37)
- MSNのファイル転送でファイルが壊れる問題に対処したパッチを適用 (2008-10-07 (火) 23:18:59)


**はじめに [#s1b96e50]
-手順はほぼ http://developer.pidgin.im/wiki/BuildingWinPidgin に書いてあるまんまです
--必要なものは殆ど上記URLからリンクされてます
-作業はWindowsXP Professional x64 Edition 上で行いました

**Cygwinを入れる [#qf965a5b]

bashとかpatchとかtarとか使う

**MinGWを入れる [#ub85a729]

http://www.mingw.org/download.shtml からgcc-core 3.4.2、binutils 2.15.91、mingw-runtime 3.9、win32api 3.9を落とす

C:\MinGW に入れる
 cd /cygdrive/c
 mkdir MinGW
 cd MinGW
 tar zxvf ~/pidgin/gcc-core-3.4.2-20040916-1.tar.gz
 tar zxvf ~/pidgin/binutils-2.15.91-20040904-1.tar.gz 
 tar zxvf ~/pidgin/mingw-runtime-3.9.tar.gz
 tar zxvf ~/pidgin/w32api-3.9.tar.gz

入れたら、Cygwinのコマンドラインから使えるようにパスに追加
 PATH=/cygdrive/c/MinGW/bin:$PATH

Windows APIを入れる
 tar zxvf ~/pidgin/w32api-3.9.tar.gz -C /cygdrive/c/MinGW

**コンパイルする場所を決める [#t7dfd139]

日本語とかスペースがパスに混じってると不幸になるかもしれない

今回は ~/compile/pidgin/ 以下で作業をすることにする

コンパイルする場所に、win32-dev を作る

 mkdir win32-dev


**gtk関連のソースを展開 [#vde7b31c]

さっき掘ったwin32-devに展開する
 tar zxvf ~/pidgin/gtk-dev-2.6.10-rev-a.tar.gz -C win32-dev

**libxml2を展開 [#za1594fd]

win32-devに展開
 tar zxvf ~/pidgin/libxml2-2.6.30.tar.gz -C win32-dev

**ActivePerlを入れる [#d556b373]

5.10以上なら何でもいいっぽいが,32bit版のActivePerl-5.10.0.1003-MSWin32-x86-285500.msiをインストール

ちなみに、C:\Perlに入る (PidginのMakefileにはこのパスが埋め込まれている)

**perl_5-10-0.tar.gzを展開 [#x163adc2]

win32-devに展開
 tar zxvf ~/pidgin/perl_5-10-0.tar.gz -C win32-dev

**tcl-8.4.5を展開 [#pefa8783]

win32-devに展開する
 tar zxvf ~/pidgin/tcl-8.4.5.tar.gz -C win32-dev

**aspell-dev-0-50-3-3を展開 [#fac9253d]

win32-devに置く際はディレクトリ構成に注意

以下のように置けばOK
 win32-dev/aspell-dev-0-50-3-3/lib
 win32-dev/aspell-dev-0-50-3-3/include

**gtkspell-2.0.11-daa1を展開 [#ie76e7e5]

win32-devに展開する
 tar zxvf ~/pidgin/gtkspell-2.0.11-daa1.tar.gz -C win32-dev

**nspr-4.6.4とnss-3.11.4を展開 [#r4bd055f]

win32-devに置く

これもディレクトリ構成に注意
 win32-dev/nss-3.11.4/bin
 win32-dev/nspr-4.6.4/bin

**silc-toolkit-1.1.7を展開 [#v226a4d9]

win32-devに置く

 tar zxvf ~/pidgin/silc-toolkit-1.1.7.tar.gz -C win32-dev

**meanwhile-1.0.2_daa1を展開 [#xc1d2e4a]

win32-devに置く

ディレクトリ構成に注意
 win32-dev/meanwhile-1.0.2_daa1/{bin,include,lib,share}

** Bonjourを置く [#qf675dfd]

[[Bonjour SDK 1.0.4>http://developer.apple.com/networking/bonjour/download/]]を入れて,lib/win32とIncludeを win32-dev/BonjourSDK の下にlib,includeという名前でコピー

ディレクトリ構成に注意
 win32-dev/Bonjour_SDK/include/dns_sd.h
 win32-dev/Bonjour_SDK/lib/dnssd.lib

libの下にあるのは dnssd.lib なので,MinGWのリンカがそのままつかえない形式.なので,reimpで変換する.
- MinGW Utils (mingw-utils-0.3.tar.gz)を落としてきて,適当なところで展開する.~
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=2435
- binの下にreimp.exeがあるので,これにdnssd.libを食わせると libdnssd.a ができる.
 cd lib
 ~/compile/pidgin/bin/reimp.exe dnssd.lib
- 以下のように,libdnssd.aが配置されるようにしておく
 win32-dev/Bonjour_SDK/lib/libdnssd.a

**cyrus-sasl-2.1.22 を展開 [#ofec0b96]

win32-devに置く

ディレクトリ構成に注意
 win32-dev/cyrus-sasl-2.1.22-daa1/{bin,doc,include,lib}

cyrus-sasl-2.1.22-daa1/lib/の下には libsasl.lib しかないので,Bonjour のときと同じように reimp しておこう

 ~/compile/pidgin/bin/reimp.exe libsasl.lib

**pidgin本体の展開 [#n644179f]

 tar jxvf ~/pidgin/pidgin-2.5.1.tar.bz2

** yazさんパッチを当てる [#za117328]

最新版はこちら → http://honeyplanet.jp/patch.html~

%%2.5.0用のパッチで多分平気%%~
%%2.5.1用のパッチに変更 (2008-09-06 (土) 03:00:37)%%~
ファイルがぶっ壊れる問題に対処したパッチを適用 (2008-10-07 (火) 23:18:59)

 cd pidgin-2.5.1
 zcat ~/pidgin/pidgin-2.5.1_jp2.diff.gz | patch -p1

** gtk-2.12.8-rev-a-installer の展開 [#jacc8464]

このファイルは、本当は後でインストーラを構築する段階で必要になるが、
これに入っているiconv.dllをpidgin本体のビルドで使いたいのでこの時点で
入れておく
 
pidginやwin32-devと同じ階層で展開しておく(ビルドは後で)
 tar zxvf ~/pidgin/gtk-2.12.8-rev-a-installer.tar.gz

パスを控えめに通しておく
 PATH=$PATH:~/compile/pidgin/gtk_installer/gtk_install_files/bin

**pidginのビルド [#wd741146]

pidgin-2.5.1 ディレクトリ内で以下を実行すればwin32-install-dir以下に実行ファイルができる
 make -f Makefile.mingw install

インストーラも作りたい場合は以下へ続く


**nsis-2.35をインストール [#v397c3c0]

インストールしたら、パスを通す (64bit環境なんでインストール先がアレですが・・・)
 PATH=/cygdrive/c/Program\ Files\ \(x86\)/NSIS:$PATH

**先ほど展開したgtk-2.12.8-rev-a-installerをビルド [#sfb0ec31]

展開してできたディレクトリ(gtk_installer)に移動して以下を実行
 ./build.sh

**pidgin-inst-deps.tar.gzを展開 [#vb0c8be5]

win32-devに展開する
 tar zxvf ~/pidgin/pidgin-inst-deps.tar.gz -C win32-dev

** pidginのインストーラの構築 [#oeacb864]

環境変数LANGをセットしているとNSISが落ちるので、ここで切っておく
 unset LANG

あとはpidgin-2.5.1ディレクトリに移動して、makeするだけ
 make -f Makefile.mingw installer installer_nogtk

ちゃんと終わると、pidginの下にpidgin-2.5.1.exeとpidgin-2.5.1.no-gtk.exeができているので適宜リネーム

 mv pidgin-2.5.1{,-yaz2}.exe
 mv pidgin-2.5.1-no-gtk{,-yaz2}.exe

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS