WindowsXP でgaim-2.0.0beta4 のビルドをしてみるテスト

はじめに

Cygwinを入れる

bashとかpatchとかtarとか使う

MinGWを入れる

http://www.mingw.org/download.shtml からgcc-core 3.4.2、binutils 2.15.91、mingw-runtime 3.9、win32api 3.6を落とす

C:\MinGW に入れる

cd /cygdrive/c
mkdir MinGW
cd MinGW
tar zxvf ~/gaim/gcc-core-3.4.2-20040916-1.tar.gz
tar zxvf ~/gaim/binutils-2.15.91-20040904-1.tar.gz 
tar zxvf ~/gaim/mingw-runtime-3.9.tar.gz
tar zxvf ~/gaim/w32api-3.6.tar.gz

入れたら、Cygwinのコマンドラインから使えるようにパスに追加

PATH=/cygdrive/c/MinGW/bin:$PATH

Windows APIを入れる

tar zxvf ~/gaim/w32api-3.5.tar.gz -C /cygdrive/c/MinGW

コンパイルする場所を決める

日本語とかスペースがパスに混じってると不幸になるかもしれない

今回は ~/compile/gaim/ 以下で作業をすることにする

コンパイルする場所に、win32-dev を作る

mkdir win32-dev

gtk関連のソースを展開

さっき掘ったwin32-devに展開する

tar zxvf ~/gaim/gtk-dev-2.6.10-rev-a.tar.gz -C win32-dev

libxml2を展開

win32-devに展開

tar zxvf ~/gaim/ -C win32-dev

ActivePerlを入れる

ActivePerl-5.8.4.810-MSWin32-x86.zip を展開して Installer.bat をダブルリックして、Enterを押し続ければ完了

ちなみに、C:\Perlに入る

perl582.tar.gzを展開

win32-devに展開

tar zxvf ~/gaim/perl582.tar.gz -C win32-dev

tcl-8.4.5を展開

win32-devに展開する

tar zxvf ~/gaim/tcl-8.4.5.tar.gz -C win32-dev

aspell-dev-0-50-3-3を展開

win32-devに置く際はディレクトリ構成に注意

以下のように置けばOK

win32-dev/aspell-dev-0-50-3-3/lib
win32-dev/aspell-dev-0-50-3-3/include

gtkspell-2.0.6を展開

win32-devに展開する

tar zxvf ~/gaim/gtkspell-2.0.6.tar.gz -C win32-dev

nspr-4.4.1とnss-3.9を展開

win32-devに置く

これもディレクトリ構成に注意

win32-dev/nss-3.9/bin
win32-dev/nspr-4.4.1/bin

silc-toolkit-1.0.2を展開

win32-devに置く

tar zxvf ~/gaim/silc-toolkit-1.0.2.tar.gz -C win32-dev

meanwhile-1.0.2を展開

win32-devに置く

ディレクトリ構成に注意

win32-dev/meanwhile-1.0.2/bin

gaim本体の展開

tar jxvf ~/gaim/gaim-2.0.0beta4.tar.bz2

gaimという名前のディレクトリにする必要があるんだそうだ

ln -nfs gaim-2.0.0beta4 gaim

yazさんパッチ当て

yazさんのページは http://www.cc.rim.or.jp/~yaz/patch.html
ただし以下で当てるのはcvs版向けのパッチを元にしたもの(gaim-2.0.0beta4_jp0.diff.gz)

cd gaim
zcat ~/gaim/gaim-2.0.0beta4_jp0.diff.gz | patch -p0

Yahooまわりの不具合修正

http://garakuta.homelinux.org/~nosuke/diary/diary.html?y=2006&m=10&d=23&n=1#23-1 を適用

gtk-2.6.10-rev-a-installerの展開

ここは公式の手順とちょっと違う

このファイルは、本当は後でインストーラを構築する段階で必要になるが、 これに入っているiconv.dllをgaim本体のビルドで使いたいのでこの時点で 入れておく

gaimやwin32-devと同じ階層で展開しておく(ビルドは後で)

tar zxvf ~/gaim/gtk-2.6.10-rev-a-installer.tar.gz

パスを控えめに通しておく

PATH=$PATH:~/compile/gaim/gtk_installer/gtk_install_files/bin

gaimのビルド

gaimディレクトリ内で以下を実行すればwin32-install-dir以下に実行ファイルができる

make -f Makefile.mingw install

インストーラも作りたい場合は以下へ続く

nsis-2.21をインストール

インストールしたら、パスを通す (64bit環境なんでインストール先がアレですが・・・)

PATH=/cygdrive/c/Program\ Files\ \(x86\)/NSIS:$PATH

先ほど展開したgtk-2.6.10-rev-a-installerをビルド

展開してできたディレクトリ(gtk_installer)に移動して以下を実行

./build.sh

gaim-inst-deps.tar.gzを展開

win32-devに展開する

tar zxvf ~/gaim/gaim-inst-deps.tar.gz -C win32-dev

gaimのインストーラの構築

環境変数LANGをセットしているとNSISが落ちるので、ここで切っておく

unset LANG

あとはgaimディレクトリに移動して、makeするだけ

make -f Makefile.mingw installer installer_nogtk

ちゃんと終わると、gaimの下にgaim-2.0.0beta4.exeとgaim-2.0.0beta4-no-gtk.exeができている

mv gaim-2.0.0beta4{,-yaz}.exe 
mv gaim-2.0.0beta4-no-gtk{,-yaz}.exe

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-30 (月) 08:59:25 (4196d)